小豆島の特徴とは?アクセスが便利なフェリー

日本人には広く親しまれている小豆島は瀬戸内海・播磨灘にある島であり、行政区分は香川県小豆群に属しているのです。

20余の属島を含め日本の中では19番目に広い島であり170㎢㎞の面積を有しています。人口は約28、000人程度であり、禁煙は人口が減少の一途を辿っているために過疎化の対策が求められている地域でもあるのです。小豆島は日本でも有名な小説「二十四の瞳」の作者である壺井栄の故郷としても知られており、この地をロケ地にして映画化されたことでも広く親しまれています。

この島はオリーブなどの生産が盛んで、醤油や佃煮、ごま油や素麺などの生産が盛んに行われているのです。この島は日本で最初に国立公園に指定されており、大小1、000あまりの島々が織りなす多島美の美しさが大きな魅力になっています。気候は温暖でアメが少ない瀬戸内海式気候であり、街中から数分車を走らすだけで見える海の美しい景色や山に登れば本州や四国の山々が望める美しい眺望が楽しめるのです。小豆島は本州や四国から橋梁やトンネルなどで繋がっていない島であり、瀬戸内海では最大の人口を有している島でもあります。空路が無くフェリーでしか渡れない離島としては最愛の人口を有しているのです。この島へは本州側や四国から高速船や旅客船、フェリーで渡ることが可能です。

一日に発着するフェリーの本数は日本有数の数を誇っています。本州からは5つの港からフェリーと旅客船が運航しており、新岡山港からは両備フェリーが島南西部の土庄港へ1日10便以上が運行しています。旅行などの移動手段としてだけでは無く、海や島の景色を楽しむ場所としても人気が高くなっている野です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *