小豆島行きのフェリーの魅力とは

小豆島は瀬戸内海の播磨灘に浮かぶ香川県の島です。

本州や四国と橋やトンネルでつながっておらず、空港設備もないためフェリーでの移動が欠かせません。しかし、この小豆島行きのフェリーは観光客から高い評価を受けています。その理由は瀬戸内海の美しい島々を眺めることができるメリットがあるからです。インターネット上の口コミを確認すると、利用者の多くが船からの絶景に満足していることが伺えます。

また、車での運転とは違ってリラックスしながら移動することができることも好評につながっています。「船の移動は揺れる」という先入観を持っている方もこのフェリーなら安心して利用することができるでしょう。その理由は、瀬戸内海は外海とは違って波が穏やかだからです。船のスピードはそれほど速くはありませんが、通常はほとんど揺れることがありません。乗船の際には酔い止めが欠かせないという方が薬なしで乗り込んでも、基本的には大丈夫でしょう。

もちろん車を載せることもできるため、小豆島をマイカーで思い切り満喫したいという方の利用にも適しています。小豆島行きのフェリーは四国の高松港・高松東港、本州の神戸港・姫路港・新岡山港などから利用することができます。中でも神戸港や新岡山港は新幹線が停車する新神戸駅や岡山駅からも移動しやすい環境にあります。今まで小豆島を訪問したことがない方も、ぜひフェリーを利用してみてください。観光資源が多い島なので、満足度の高い旅行となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *