大阪から小豆島に移動するためには

香川県の小豆島は「日本の地中海」とも呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ島です。

瀬戸内海では淡路島に次ぐ2番目の大きさを誇る島で、年間を通じて温暖な気候を特徴とします。美しいビーチが広がっていること、昔ながらの町並みや雄大な自然を味わうことができることから観光地としても人気です。オリーブの栽培や素麺、醤油などの製造が盛んであるため、ヘルシー料理を味わえるグルメスポットもたくさんあります。大阪の方からは都会の喧騒から離れることができるという理由で人気を集めています。大阪市内から小豆島に移動するためにはいくつかの方法が考えられます。

まずは神戸港を利用する方法です。公共交通機関を使う場合には電車などで三ノ宮駅まで移動した後、バスで神戸港まで移動します。そこからフェリーを使って目的地の坂出港まで乗船することになります。なお、小豆島行きのフェリーは姫路港や新岡山港から搭乗することも可能です。もう一つのルートは、四国の高松港まで陸路を活用する方法です。この方法は電車を使うルートとバスを用いるルートの2種類があります。電車を用いる場合は大阪市内から岡山駅まで移動し、ここから高松駅まで走る快速列車「マリンライナー」を利用します。乗車時間はおよそ60分です。

バスを利用する場合は、大阪市内から高松駅まで走る高速バスを利用します。いずれかの方法で高松駅に到着したら高松港まで移動し(徒歩数分で移動可能)、小豆島行きのフェリーへと乗船します。高松港からは高速艇も出ているので、乗船時間を少しでも減らしたいという方にはこのルートが最もおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *