大阪から小豆島へ移動する方法について

小豆島は美しい海と素晴らしい山の景色が広がる、自然に恵まれた環境にあります。

盛んな産業はオリーブや稲作を中心とする農業や醤油や素麺などの製造業、そして漁業や観光業です。大阪のような大都市圏とは大きく異なりますが、昔ながらの雰囲気を味わえるところが小豆島の魅力と言えるでしょう。大阪などの関西圏からは比較的アクセスしやすいということもあり、週末になると訪問する方も多い傾向にあります。特に海を楽しめる夏頃のシーズンは旅行会社のツアー企画が盛り上がり、利用者もたくさんいます。大阪から小豆島を訪問するためにはフェリーの利用が欠かせません。

したがって、港まで移動することが求められます。小豆島行きのフェリーがある港のうち、大阪市から最も近いのは神戸港です。神戸港からおよそ3時間の乗船を経て、目的地に到着することができます。神戸港への移動方法は三宮駅から利用できる連絡バスの利用が便利です。瀬戸内海は外洋からのうねりを受けず海域も広くないため波は大きくありません。

通常のフェリーでは酔ってしまうという方も問題なく利用することができるでしょう。それでも船が苦手という方は車や電車で高松港まで移動した後、フェリーに乗る方法もあります。この場合の乗船時間は、高速艇を利用した場合は約35分、一般のフェリーの場合は約60分となります。小豆島は一度訪問すると再び訪問したくなるという方も多く、中には大都市圏から移住を検討する方も現れるほど魅力的な島です。まだ訪問したことがないという方も、ぜひ、検討してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *