家族旅行を10倍楽しむために

家族旅行は家族だけで出かける場合、さまざまな楽しみ方がありますが、子どもが幼稚園、小学校低学年クラスでしたら、宿泊先は豪華なホテルより民宿がお勧めです。

特に目的地が東北だったりしたら、家族だけで経営している囲炉裏のある民宿を選ぶことをお勧めします。お年寄りのいる民宿では、おばあちゃんが、囲炉裏で夕食のおかずを作りながら、子ども相手にお話をしてくれたりします。更に親しくなると、これを持って行って、などと子どもに用事を言いつけたりします。

これが子ども達には嬉しいのです。こうした体験は子どもが成人してからも忘れることなくしっかりと記憶しているので、旅の思い出としては最高のものになるでしょう。まさに家族旅行の醍醐味です。さらに民宿のよい点はその地方の生活を垣間見ることが出来ることです。

雑誌や、ビデオなどでしか見ることの出来なかった東北地方の一般家庭の生の姿を見ることが出来るのですからこんな素晴らしいことはありません。民宿以外の宿泊先は、豪華ホテルより、日本情緒漂う旅館がいいでしょう。観光会社が企画するツアーでも日本旅館を取り入れているツアーがあるのでそうしたツアーを選ぶことも一つの手です。

日本調の旅館のいいところは、改めて言うまでもなく日本情緒を楽しめることです。日本人なんだからその必要はないというのは間違いで、家族揃って日本情緒豊かな旅館を選ぶことは日本を見直すよい機会なのです。ホテルのボーイさんでは味わえない仲居さんの立ち居振る舞いを子ども達にしっかりと見せておくのも家族旅行ならではの利点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *