スキーツアーは移動手段でどんな違いがあるのか

最近のスキーツアーはリフト券や宿泊付きはもちろんのこと、温泉付きであったり、グルメに凝っていたり、と様々なオプションが用意されています。

また交通手段もバスを始めとして、新幹線や飛行機等、選ぶことができます。さらにバスはバスでも早朝に出発するプランがあったり、深夜に出発するプランがあったりします。早朝プランの場合は移動する時間帯がまだ朝からお昼にかけてという時間帯なのでサービスエリアで休憩時間が設けられている場合がよくあります。このため、買い物を楽しめるので何か足りない物や乾燥対策グッズ等を購入したり、水分補給をしたりすることができるというメリットがあります。ただ一方でゲレンデに到着する時間が遅くなるので早朝から滑ることができないというデメリットがあります。

一方、深夜プランの方は、金曜日の夜等、平日に会社が終わってからスキーツアーに出発することもできます。またゲレンデには次の日の早朝に着くので朝一からスキーを堪能することができます。ただし、バスの中ではなかなか眠れないことが多いのでアイマスクやU字枕等を携帯することをお勧めします。交通手段に飛行機を選ぶ場合は移動は早いというメリットがある反面、人によっては空港まで移動に時間がかかるばかりか、到着してから荷物を受け取るのにも非常に時間がかかる場合があります。

また空港から目的のスキー場まで遠い場合はそこからまたバスで移動する必要があります。新幹線の場合も移動はバス等よりも早いですが、車内にスキーを持ち込むのは周りの乗客の方のご迷惑になります。このようにスキーツアーには移動手段によってそれぞれメリットとデメリットがあるのです。
ボード旅行へ行くならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *