スキーツアーはバスで行ってみよう

スキーに行く時には荷物がどうしても大きくなってしまうものです。

板は折りたたむことができないために持ち運びが大変であり、重いブーツやかさばるウェアなどを持って乗り換えをして行くのは女性にとっては負担にもなります。やっとゲレンデに到着しても、まずは休憩ということにもなってしまいますが、バスでのスキーツアーなら荷物の移動もないので着いたらすぐに楽しむ元気も残っています。スキーバスツアーの出発は、便によっても違いはありますが夜の21時から23時程度の遅めの時間です。

東京駅や新宿駅、池袋駅や渋谷駅など都内主要駅周辺から出発をしています。また、神奈川県や千葉県、埼玉県から出発している便もあるので、わざわざ都内まで混み合った電車に乗って行くこともありません。一つの便でもたくさんの乗車場所が設定されているので、より便利な場所を選ぶことができます。

全員がバスに乗ったらカーテンを閉めて消灯になるので、暗い中でゆっくりと寝ることができます。寝ているうちにバスはゲレンデに向かい、朝になって起きたらもう到着をしています。朝はまだお客さんが少ないので着替えをする更衣室もすいており、リフトに乗るにも並ぶことがありません。

帰りは夕方に出発をしてその日のうちに戻ってきますが、車中では仮眠を取ったり自由に過ごすことができるので、次の日の仕事にも影響させません。今年の冬は、みんなを誘ってバスでのスキーツアーで楽しんでみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *