長距離バスで行くスノボツアーの概要

スノボツアーの中にはターミナル駅から長距離バスに乗ってゲレンデまで赴くものがあります。

出発は夜に出発して朝方に到着するものや、朝に出発して昼頃に到着するものなど様々ではありますが、すべてに共通しているのが、出発する地点が複数の路線が乗り入れているアクセスに便利なターミナル駅の周辺であるということです。というのも方々から参加する人が集まるためで、人の集まりやすい地点での集合であると利便性が高いためです。出発時刻の十分から三十分前に集合場所に赴き、そこで点呼を取ることとなります。

また、出発前にバスの中でスノボツアーに付属しているリフト券や、宿泊施設、道具のレンタルなどについて説明を受けることとなります。そして出発し、ゲレンデに到着することになるのですが、そこで着替えを済ませ、申し込みの際にもらっていた引換券とリフト券を交換して滑ることとなります。宿泊施設がゲレンデと隣接している場合には先にチェックインをする場合もあり、それらはスノボツアーの概要や宿泊施設の状況によっても異なりますので、注意が必要になります。

また、この際に道具のレンタルをあらかじめ申し込んでいた場合は、レンタルショップに行ってウェアやスノボの板を引き取ります。帰りは決められた集合場所に時間通りに向かうこととなります。出発は昼頃から夕方にかけてが大半で、夜に出発地点と同一の場所か、あるいは異なる地点に到着することとなりますが、いずれにしてもアクセスが便利なターミナル駅になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *