植物をたくさん見られる尾瀬のバス旅行

尾瀬はバス旅行を利用して来る人も多い地域で、昔からたくさんの人が豊かな自然の美しい風景を求めて訪れています。

国立公園の特別保護地域に指定されていて、現地は車の通る道はありません。また歩行者も歩道以外の場所に立ち入ることは禁止されていたり、ゴミの持ち持ち帰り運動も盛んであったりするなど、環境保護に力を入れているのが特徴です。そんな尾瀬にバス旅行で訪れた際には、美しい自然とともにこの地でしか見られない植物のある景色を楽しむのがお勧めです。

「夏の思い出」という曲の歌詞にも登場するように白い可憐な印象のミズバショウの花が咲くのは初夏で、そのシーズンな一年のなかでも最も人が多く訪れる時期でもあります。湿原の透明な清々しさを感じる水辺に、白く細長い花がいくつもかたまって咲いている様子は、さわやかで清楚な印象です。またニッコウキスゲが咲く7月から8月の季節も、夏休みと被ることもあって尾瀬にバス旅行で来る人が増える季節となっています。

明るく鮮やかな黄色の花が群生する様子は見事で、辺り一面が黄色に染まったかのように思えるでしょう。このような初夏から盛夏にかけての時期は尾瀬にバスを利用して多くの人が訪れる季節です。日中の時間は多くの人で混雑することも少なくありません。しかし明け方や早朝から散策を開始するようなスケジュールのツアーを利用すると、人の少ない中で多くの植物をじっくり見ることが可能となるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *