尾瀬ハイキングはバスに乗って行くのがおすすめ

尾瀬は、自然が豊かな国立公園として全国的に有名な湿地・高山地帯ですが、出来る限り肉体的な疲労感を抑えたい場合におすすめの移動手段はバスを使った往復移動です。

尾瀬行きのバスツアーは、東京・神奈川・埼玉の都心部から行けるのはもちろんですが、東京郊外からの出発設定もあるので、郊外に住んでいる人も気軽に参加出来ます。バスのタイプは、大型バスか小型のマイクロバスタイプに分かれていて、後者に関しては途中の乗り換えがないスケジュールを採用しています。なお、大型車両に乗る場合は、途中の乗り継ぎ地点で違う車両に乗り換えて登山口まで向かいます。

尾瀬ツアーは深夜発と早朝発から選べ、たっぷり散策したい場合や体力がある人は深夜発を選んでおくの良く、ツアーによっては9時間程度滞在可能です。尾瀬ツアーは、案内スタッフが付かない商品が多いので、登山開始から帰りの集合時間までのスケジュールは自分で組み立てる必要があります。

尾瀬を散策する際の装備は、にわか雨対策の雨具や衣服を着用、または準備しておくのが良く、足元が滑りやすくなっているので、トレッキングシューズを履いておきましょう。装備に加えて、長時間浴びる可能性のある日焼け対策を行っておく事も大事であり、キャップタイプの帽子や日焼け止めを塗って紫外線を防止して下さい。休憩は、30分から1時間の間隔でするのが良く、1度に長時間歩いてしまうと疲労感が増してしまうので、適度に休むようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *