スキーツアーに出掛ける時の荷物について

スキーツアーはシーズンを迎えると多くの利用者が急増するなどの特徴がありますが、ツアーに出掛ける人の多くは身なりが軽装であり、持ち物についても貴重品などを入れておくバッグだけで参加される人も多くなっています。

当然、スキー板やストック、ブーツにウェアなど必要な道具がなければゲレンデで滑走することなどができないわけですから、手ぶらで来ている人がいれば、他の目的で参加しているのではないか、このように考えるのが普通ではないでしょうか。しかし、今の時代はスキー道具を持たない人もツアーに参加することは多く、着替えなども持って来ていない人が多くなっています。

スキーツアーを利用する人の中には、現地で道具のレンタルを利用するケースも多く、手ぶらで参加する人も多いのです。レンタル可能なものは、ゲレンデで滑走するために必要な道具類すべてであり、スキー板やストック、ブーツなどの道具を始め、ウェアやゴーグル、サングラスなども借りることができるようになっています。

自分の道具を持っている場合、家に帰った後にメンテナンスをしなければなりませんし、道具を保管するためのスペース確保が必要です。たまにしか行かない、1年に1~2回程度しか行くことがない人などの場合は、自分の道具を使うのではなく、レンタル品を活用するケースが増えているようです。道具がなければツアーに参加できない、このように考える人が減っている理由はレンタルサービスが充実しているかではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *