バススキーツアーのメリット・デメリット

スキーツアーに参加する場合、移動手段はバスと新幹線の2択です。

一般的にバスの方が価格が安いため、低コストでスキーに行きたい場合はバスツアーが最適と言えるでしょう。しかし、価格を最優先としない場合は、新幹線の方が向いているかもしれません。バスツアーには価格以外にどのような特徴があるのでしょうか。料金以外のバスツアーのメリットは、ゲレンデまでの移動が簡単ということです。新幹線の場合、スキー場の最寄り駅からゲレンデまでの移動や、乗り換えの際に大荷物を運ぶ必要がありますが、バスの場合は集合場所に行って荷物を積み込んでしまえば、後はゲレンデ前まで連れて行ってくれます。

また、様々な場所からバスが発車しているため、もし自宅の近くからバスが発車していれば、移動の手間は非常に少なくなります。さらに、新幹線の場合、企画されているツアーは駅から近いゲレンデに限定されますが、バスの場合は路線に左右されないため、柔軟に目的地選びが行えます。このように、料金が安いことに加え、移動が楽で目的地選びの選択肢が多いため、初心者でも気軽に参加できるでしょう。

一方で、バスは高速道路の渋滞に捕まった場合、予定通り到着できないことがあります。仮に到着が遅れたとしても、帰りのバスは予定通り出発するため、ゲレンデでの滞在時間が短くなる恐れがあります。また、バスは新幹線と比べると移動時間が長いため、予定時間に到着してもゲレンデでの滞在時間は短めです。そのため、ゲレンデでの滞在時間を最優先にするならば、遅延の少ない新幹線の方が適している可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *